加工情報
加工情報

東亜三石科技

2007年09月09日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

 東亜三石科技有限公司は中日交流の長い歴史の中で、この21世紀は相互の互恵関係を構築させていくべき時期だと言えます。互いの隣国として、アジア圏を牽引していくリーダー的存在になるために、未来を見据えてお互いに発展していくことを考えなければなりません。人口、国土の広さ、GDP、科学技術の成熟度、文化、歴史、どの分野からみてもお互いが持ちうるリソースや条件は異なっています。しかし、互いに前向きな姿勢で協力し合うことが重要なことだと我々は考えます。  中国の経済改革の初期段階では、日本からのODAなどの経済技術協力を得ることにより、着実に実力をつけることができたと言えるでしょう。しかしながら、日本からの提供だけという構図では、お互いの関係も長続きしません。将来の相互の発展のためには、相互利益を保ちつつ発展していく形が望ましいと言えます。  我々は、この7年間、両国の教育分野、IT分野、および自動車関連業務に携わり、特に中国の教育機関に対してはボランティア精神を持って事業を展開してまいりました。この7年の経験から、「もっと自由にお互いの持つリソースの交流ができる場を作りたい」という強い思いで、IT技術の進歩を有効活用し、中国と日本をつなぐプラットフォームを確立することにいたしました。 今後、今までの日中交流に関するサイトとは一味違うニッチな分野を含めた情報をお届けしつつ、中国と日本の企業が自由に交流できる場を提供していきたいと考えております。 皆様のご協力とご愛顧に感謝し、我々を応援してくださることを強く願っております。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業