加工情報
加工情報

オムロン:売上高1000億円突破、中国開拓業務は好調

2007年12月13日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
 12月10日の発表によると、日本オムロンは中国における売上高が1000億円を突破し、昨年同期比から約40%増加したとのこと。
 同社の作田久男社長は10日の経営状況説明会の席上で、「中国における事業は、当社の今年の重点分野と位置づけている」と語った。ここ3年で、同社の対中投資額は累計300億円に及ぶ。
 同社の戦略室長である藤原裕氏は、「今後、健康機器を中心に、カーエレクトロニクス部品事業を展開していく計画だ」と明かした。
 中国の経済成長を背景に、同社の中国事業は2010年までに年間20―30%の成長率を維持すると予測されている。

中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
関連記事
関連記事が見つかりません。
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業