加工情報
加工情報

中国永住と定住という2つの概念

2008年02月20日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

元の『外国人出入国管理法』の原則的規定の中で定住と永住という2つの概念はいずれも使われていた。その時、中国での定住を批准する主要な適用対象は家庭団欒のための人たちであり、永住資格の授与対象は主に外国籍のハイレベルの人材と中国に対し特殊な貢献をした人たちであった。しかし、1つの法律概念として、定住と永住には別に非常に厳格な違いはなく、特に定住と永住を認めた後に、その人たちが享受する利便と権利も大体同じものであった。仕事の実践を経て、特に新しい審査許可管理方法を制定する過程で、じっくり検討をおこなうことにより、今後、もう一度定住と永住の2種類の状況を区別し、同時に2つの概念を使う必要はないと考えるに至った。したがって、新しい審査許可管理方法の中で、われわれはそれを「中国での永住」と総称し、発行する証明書もすべて同様な『外国人永久居留証明書』とすることであり、今後の実施方法の中ではもう一度2つの概念を使うことはせず、すべて永住という1つの概念を使うことにした。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業