加工情報
加工情報

日産自動車、2007年度のCVT搭載車グローバル販売台数100万台達成

2008年04月30日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロスゴーン)は、2007年度のCVT*1(無段変速機)搭載車のグローバル販売台数が100万台を突破したと発表した。

日産は、優れた性能を有するCVTをより多くのお客さまに提供するため、CVT搭載車のグローバルでの販売台数を2004年度の約25万台から、 2007年度に約100万台に拡大することを2005年に発表し、搭載車種及び販売拡大に取り組んできた。その結果、2007年4月~2008年3月末までのCVT搭載車販売台数はグローバルで約108万8千台*2に達し、同社の乗用車総販売台数に占めるCVT搭載率はグローバルで2004年度の約7%から約28.6%になり、北米*3では47.4%、日本では43.8%となった。

CVTは、優れた伝達効率と無段階の変速によってアクセル操作にリニアに反応する加速感を両立する変速機である。日産はこのメリットに早くから注目し、1992年に初めて「マーチ」に採用した。さらに、2002年には技術的に困難とされていた大トルクエンジンへの適合に成功し、世界で初めて3.5Lの大排気量エンジン用CVTを実用化した。

日産は、今後とも中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」に基づき、CO2排出量の削減に、真に実効性のある技術、商品、サービスを開発し、市場に投入していく。

*1 Continuously Variable Transmission
*2 日産調べ
*3 メキシコを含む

以 上
2008年4月22日
 

中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業