加工情報
加工情報

移動図書館設置、目的は出稼ぎ労働者の素養向上

2008年04月30日        情報源:新華社    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
新華社甘粛:蘭州市図書館から得た情報によると、4月22日の「世界読書デー」に際し、同市は市郊外の4つの地域に、新たな「農民工移動図書館」を設置した。
現在、農村から都市部に出稼ぎに来る「農民工」の数は増え続けている。しかし、これら農民工は5人のうち4人以上が、中学校程度の文化レベルしか持っていない。また、収入の低い農民工には、本が読みたくても「お金がなくて買えない」という問題が存在している。
こうした問題を解決し、農民工の文化的素養を引き上げるため、甘粛省の関連部門と蘭州市図書館は、昨年11月から共同で、「農民工のための移動図書館設置活動」を行っている。これまでに同市の6ヶ所に、「移動図書館」が設けられた。
蘭州市図書館の関係者によると、この図書館の蔵書数は書籍・雑誌合わせて200冊以上。内容は文学から農業技術書まで多岐に渡っており、蔵書は2ヶ月に一度、更新されるとのことだ。移動図書館の設置から4ヶ月余りで、図書館1ヶ所あたりの利用者数は延べ200人余りに達している。
【翻訳編集:JCBB(H.A)/G-SEARCH】4月25日

中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業