加工情報
加工情報

中国から海外に商品を輸出するために支払う増値税とは

2008年10月24日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

中国貿易を行う際に、必要な税金としては、増値税という税金があります。中国で商品を購入した際に支払う税金は、2種類あります。一般的に中国国内流通している商品で、特に海外に輸出を目的としない商品に関しては、一般税という税金を支払います。中国から海外に輸出をする商品に関しては、増値税の支払いが義務付けられています。増値税は、内税で17%税金です。
増値税は、一般的に(VAT:Value Added Tax)付加価値税として言われています。増値税の制度は、中国独特の制度です。増値税は、中国国内での転売に関しては、還付対象ではありませんが、中国から輸出する際に関してだけは、還付の対象になる場合もあります。
増値税の還付に関しては、商品ごとのHSコードによって還付率が決まっています。
近年は、増値税還付率が減少傾向にあり、商品によっては、まったく還付がなくなった商品もあります。
日本のマスコミでよく取り上げられる中国の輸出に関する優遇税が、増値税です。輸出することで得れる還付金のことを輸出優遇政策だと話されています。しかし、増値税に関して言えば、17%の納税後の一部還付という意味あいですので、決して輸出することで中国政府から奨励金が出ているということではありません。
いずれにしろ、中国から海外に商品輸出する際には、増値税の納税義務があります。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業