加工情報
加工情報

アジア太平洋の観光市場、2010年には5兆ドル近くに

2008年10月24日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

シンガポールに本部を置くPATA(パシフィック・アジア・トラベル・アソシエーション)が19日、2010年までに、アジア太平洋地区全体の観光収入は4兆6千億ドルに達するとの報告を発表した。同報告は、アジア太平洋地区で2006年から2010年にかけての観光市場成長率を7.51%、2010年までのアジア太平洋地区全体の観光客総数は延べ3億4700千万人と予測している。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

AP通信は本報告について、アジア太平洋地区内における海外旅行客の3分の2は地区内の住民であり、同地区の観光業は巨大な活力を有していると伝え、アジア太平洋地区内部の観光市場の高度成長は今後、現在低迷を続ける同地区の株式市場、および米国経済を後押しするものになるだろうと指摘している。

PATAの今回の研究報告は米国、チリ、中国、日本、タイなどPATA管轄内のアジア太平洋各国40カ国を対象に行われた。報告によると、2010年には中国がアジア太平洋地区最大の観光客受け入れ国となり、同地区観光市場シェアの35.3%を占めると予測、また同年までに中国から海外に赴く観光客は延べ1億6千万人、一方米国からの海外旅行客数は延べ5600万人となるとしている。報告はさらに、今後カナダ、タイ、シンガポールがアジア太平洋地区における10大観光地に入るとしている。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業