加工情報
加工情報

FOB、C&F、CIF という料金体系とは

2008年10月24日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

これは、国際貿易のルールですので、中国貿易に限った話ではないのですが、通常国際貿易を行う際に、見積依頼をする際に、取引条件というものがあります。このお題目でもある「FOB C&F CIF」という略字は、取引条件がどうなのかを表す国際ルールです。
それでは、国際貿易を行う際に必要な、重要なキーワードについて説明します。
FOBとは、一体意味なのか、例えば、上海の工場と取引をした場合、FOB Shanghai でと取引をしますとう条件提示の場合は、この費用に含まれている金額は、商品代金+工場~上海の港までの運送代+通関費+THC費(港使用料)が含まれていることになります。上海側の港で船に商品を積んだ状態までの費用が含まれていることになります。
また、C&F とは、どういう意味かは、例えば、日本の東京ある企業が中国の上海の工場と取引をしたとします。
その際の取引条件について C&F TOKYO、JAPAN ということで行います。その費用に含まれているコストは、(上海の工場に支払う商品代金+上海の工場から上海港までの中国国内輸送費+THC費(上海港 港使用料)+上海通関費+海上運賃(上海―東京))のコストが含まれた価格です。簡単に言えば、中国の工場で買った商品代金+東京の港までの運賃がすべて含まれた価格ということになります。
C&F と似たような取引条件で、CIF という取引条件があります。一体にこれは、どのような条件であるかを説明しますと、C&F は、商品代金+物流費を含んだ価格でしたが、CIFという取引条件になれば、C&Fの条件+商品の損害保険 を加算した取引条件です。C&Fに対して、保険料金が上乗せされているのが、CIF ということになります。
海外と取引する際に、商品の支払い条件を決める場合は、物流費、保険などの支払いをどうするかを先に相手先と協議する必要があります。国際貿易を行う際には、取引相手と、どのような条件で取引するかを事前に確認して行ってください。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業