加工情報
加工情報

中国鋼材輸出関税 一部撤廃

2008年11月17日            
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント

中国政府は12月から一部鋼材の輸出関税を撤廃する方針だ。中国当局が13日発表したところによると、従来5%だった厚中板、熱延コイルの関税をゼロとするほか、15%だった600ミリ幅までの狭幅の冷延、亜鉛めっき鋼板、ブリキ、溶接管の関税をゼロとするなど幅広い製品で関税を撤廃する。

 中国政府は輸出に対する増値税還付の撤廃、関税上乗せなどを通じて輸出抑制を試みてきたが、足元の需要減退に伴う減産、市況下落と、鉄鋼業の業況が急速に悪化するなかで輸出抑制の方針を転換する。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業