加工情報
加工情報

中国社会保障状況

2009年01月05日        情報源:中日之窓    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
中国は世界最大の発展途上国であり、人口が多く、経済発展の起点が低く、地区間と都市・農村間の発展がアンバランスであり、そのため、社会保障システムを整備するのは困難に満ちた重い任務である

中国政府は自国の国情から出発し、あくまで人を本として、社会保障システムの確立と整備を高度に重視し、それに大いに力を入れている。「中華人民共和国憲法」は、国は経済発展レベルに適応する社会保障制度を確立し、健全にすると明確に規定している。中国政府は経済発展を人民生活向上と社会保障実現の基本的前提としている。

1978年の改革・開放以前では、中国は長期にわたり計画経済体制に適応する社会保障政策を実行し、国民に各種の社会保障を最大限に提供した。1980年代中期以降、社会主義市場経済体制の確立と完備に伴って、中国は計画経済期の社会保障制度に対し一連の改革を行い、市場経済体制に適応し、中央政府と地方政府が分担する社会保障システムの基本的枠組みを徐々につくり上げた。

中国の社会保障システムは社会保険、社会福祉、優待慰撫と配置、社会救助、住宅保障などが含まれている。社会保険は社会保障システムの核心部分であり、養老保険、失業保険、医療保険、労働災害保険、出産保険が含まれている

 


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。
1234567891011下页>尾页>>


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業