加工情報
加工情報

中国“水質汚染”危機

2009年02月26日        情報源:中日之窓    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
中国江蘇省塩城市水汚染事件の影響で、中国では水保護及び環境保護等の声が上がっている。

近年、中国で、水質汚染事件は相次いでいる。2004年四川省水質汚染事故、2005年11月の松花江水質汚染、2005年12月広東省北江水質汚染及び太湖、巣湖、遼河汚染など、“水があれば、汚染がある”と言われている。

水質汚染の最も大きな原因となっているのは工業排水、廃棄物等であり、中央政府および地方政府の条例等による規制を厳格化することが必要になる。特に、地方政府は、現在様々な対策を考案中であり、今後の動きが注目される。

現在、この“水危機”に対して、中国のネット上で、“水保護、環境保護”の呼び掛けを行っている。

 

 


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業