加工情報
加工情報

今年度中国卒業生就職率は35.6%

2009年03月03日        情報源:中日之窓    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
中国社会調査所の最新調査によると、今年7月に大学を卒業する中国の学生は610万人で過去最多となる見通し。

今年度の卒業生はこれまでにない厳しい就職難に直面することが予想される、としている。北京市、上海市、深セン市、石家荘市、鄭州市、成都市、瀋陽市、武漢市、アモイ市、ハルピン市、西安市などの大学4年生1000人に対し調査を行ったところ、就職率は35.6%だった。すでに就職が決まっている学生のうち、38%近くがその仕事に「不満」、35%が「まあまあ」と答え、「満足している」と答えた学生は27%だった。仕事に不満を感じる原因としては主に「仕事内容」「給与・待遇」「人間関係」の3点が挙げられた。71%は現在の厳しい就職状況の中で仕事を見つけることは難しいと考えている。「就職に対して焦りを感じるか」という問いには、56%が「非常に焦っている」と答えた。また、最も人気のある職業は「国家公務員」で28%、次いで「国有企業」「研究機関」「学校」等だった。


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業