加工情報
加工情報

楽天何故中国市場で失敗したか

2012年04月27日        情報源:中日之窓    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
楽天は4月20日、中国でBaiduとの提携で展開していたショッピングモール事業を5月末で終了すると発表した。従って、中国市場から敗退するとも言えるだろう。

2010年10月から「楽酷天」(Lekutian)の名称でサービスを展開してきたが、中国国内でのEC事業への投資熱が高まり、競争が激化したことから計画を下回って推移していたという。「現状では抜本的に改善させることが困難」として終了を決めた。
データによると、2011年中国B2C市場の販売額は2400.7億人民元となり、同期比130.8%増となった。その内アリババは40%の市場フェアを占め、京東商城は14.7%、楽酷天は0.1%も達していないという。また、Alexaによると、楽酷天サイトの三ヶ月以内のアクセス量ランキングは万単位に急落したことがわかった。

 


中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
       
精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業